FC2ブログ
アウグーリオの楽園的、ノーテンキ日記
大阪の下町、長居でのんびり、ゆったり営業している自転車店です。
ここから始まり、ココに帰る

時差ぼけはすっかり治りましたが、心はまだドバイでトランジット中のココ大阪のワタクシです。
時差ぼけなのか何なのか、帰ってきて2、3日は眠いよりだるくて仕方がありませんでした。

さて、イタリアへはZULLO工房に立ち寄り、ZULLOの自転車で3日間イタリアを走り回るという、ZULLO乗りとしては(ワタクシ、タイム以外にZULLOのオーダーフレームを乗ってます)最高のイタリア訪問でした。

いくつかご紹介したいのですが、今回はメインのZULLO工房を訪問した際の事をお話したいです。

まずはZULLO(ズッロ)についての説明を。ズッロとはイタリアのヴェローナで今でもハンドメイドされる、クロモリフレームの事です。
それは創始者であり作り手でもあるZULLO氏の名前でもあります。

ズッロは古くはTVMチームなどに供給され、ツールドフランスも走った事のある伝統と性能を兼ね備えたメーカーなのです。m
今はズッロ氏が一人で制作していますが、ズッロ氏の一番弟子である安田氏(通称MASO)も時々イタリアに出向いて、フレーム作りを手伝っています(今は長野県でアトリエkinopioを開いています)

ワタクシ、タイムも2台所有していますが、10年前にお店をオープンした時にちょうど日本に帰ってきた安田氏と繋がり、その時に1台自分のフレームをオーダーしました。
とにかく乗ってみないとどんなものか分からないし、オーダーフレーム自体に興味がとてもあったので作ってもらいました。

ちょうどその時に、その時点で20年くらい前のコロンバス社のMAXというパイプが20台分、ズッロの倉庫から出てきたので全世界限定20台の内の1台として、ワタクシのフレームを作ってもらいました。
以来、ずっとワタクシはタイムも乗り続けていますが、このズッロも手放そうとか一切思わず、ずっと乗ってきています。

一言でいうと、ズッロのフレームは”オーラ”があります。ご存じの方も居られると思いますが、ワタクシが自転車を購入して頂く際、一番重要なファクターとしてお伝えしているのが、”オーラ”を感じる自転車に乗ってくれと言う事です。

”オーラ”とはなんぞや?それは説明するものではありません。その自転車(正確にはフレーム)を見た時に、まさに光り輝いて見え、これを絶対に手に入れる!という想いに捕らわれる気持ちにさせるものです。

それはズッロに限らずそうなのですが、買う買わないは別としてズッロフレームを見た方は皆、畏敬の念に捕らわれるのです。

と前置きは長くなりましたが、ZULLO工房訪問編、はじまり、はじまり~。

関西国際空港からドバイを経由してトータル約21時間、やってきましたイタリアのボローニャ空港。

飛行機の窓から見える景色が、ワタクシの心をワクワクとドキドキで埋め尽くします。
ita2.jpg
そして空港でのちょっとしたハプニング(いや、結構な)を経て、まずは近くのドカティミュージアムで、童心に帰ります(笑)
doca-ita2.jpg
doca-ita.jpg

ここで到着早々凹んだ心を癒し、まずは本日のお宿に向かいます(到着が現地時間で午後3時過ぎだったので)
イタリアでの行動の詳細は、また後日ブログと動画でアップしますが、翌日にズッロ工房に向かいます。

ita-zul2.jpg
やってきました!ズッロ工房!ここは製作する作業場の隣にある、組み立てや打ち合わせをするスペースです。
過去のズッロに乗った選手などのパネルが、さすがイタリアと言った風情で内部を飾っています。
ita-zul5.jpg
ita-zul4.jpg
そして、製作現場である工房内。ワタクシ、なにか無性にウハウハです。安田氏の説明を聞く後ろ姿は、まるでガタイのでかいおば様ですが、心はウキウキヒャッホー!なのです。
ita-zul8.jpg
ita-zuo7.jpg
ita-zul6.jpg
最高です。
こうやって記事を書いていても、思い出して感動で震えます


他にも色んな写真を撮っているのですが、ワタクシのベストショットはこれです!
ita-zul3.jpg
製作中のフレームのを前に、デデンと鎮座しておわすは工房の主、ズッロ氏。
ワタクシにはもうこの方のオーラが眩しすぎて、本当に久々に感動しました。
しかし当のズッロ氏は決して自分の功績を誇る事もなく、本当に乗り手の想いを具現化する作業にひたすら没頭している方なのです。

ズッロ氏はとても柔らかい雰囲気を持つ方で、しかも気さくでウンチクを言ったりする事もありません。
滞在中に何度も会い、ワインを飲みながらお話も聞かせて頂きましたが、自転車への氏の想いやこれからの自転車についての事以外、スペックの事や自分の業績を誇る事は一切ありませんでした。
ita-zul.jpg
また、凄く探求心のある方で、我々が到着する前日にもカンパニョーロの技術者が工房にやってきていて、新しい規格の事などで打ち合わせをしていたそうです。
当分、引退する気持ちは微塵もなさそうです(笑)


ワタクシもズッロフレームに乗っていますが、氏のフレームは乗り手に要求してくる事はありません。
どこまでも走ってみたい、自転車で走るのはこんなに楽しい事なのか、そして伝わってくるパッション、走りの性能がどうのとかスペックを感じるのではなく、パッションを感じさせるフレームなのです(もちろん、スペックが文句無しなので、そう感じるのです!)

そんなフレームを製作する人は、恐らく世界でももはや両手の指の数よりかなり少ないでしょう。
ワタクシはずっと感じていた氏のフレームへの自分の想いを、氏との食事の際に安田氏に通訳して頂いて伝えました。

氏はそれを聞いてどう想われたのか、ワタクシにはわかりませんが、その横顔はちょっと恥ずかがってる様な面持ちで、ワタクシはこの方はまだまだ自転車創りへの情熱が熱く燃えているのだと感じました。

氏はかなりご高齢なので、いつまでトーチを握れるのかわかりません。しかしその想いは弟子である安田氏がしっかり受け継いでいます。
安田氏とは以前にもこの旅の途中でも、お互いの想いを語り合いましたが、安田氏の想いはズッロ氏の情熱をしっかりと受け継いでいると感じました。

ズッロ氏のフレームは飾るものではありません。自分が乗りたい様に乗りたくって、ボロボロになるまで使い込んで初めて、製作者であるズッロ氏が伝えたい事を感じ取る事ができるとワタクシは考えます。

情熱を感じる。それを久々に体で感じた、ズッロ工房訪問でした。


スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

アウグーリオ

Author:アウグーリオ
大阪の下町、長居で営業しているロードレーサーメインのショップです。
気楽に楽しく乗って頂ける様に心がけていますので、ぜひ一度ご来店下さい。
住所:大阪市住吉区長居2丁目10-32
電話番号:06-6696-5501
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR