FC2ブログ
アウグーリオの楽園的、ノーテンキ日記
大阪の下町、長居でのんびり、ゆったり営業している自転車店です。
You're My Thrill

昔の人は地震雷火事おやじと言ったものですが、まさにその通りな日本のココ、大阪のワタクシです。
余談ですが、おやじは台風を表す大山嵐が変化したものという俗説があるらしいです。

秋雨前線が来て、急に涼しくなっていきました。この前の冬は凄く寒かったし、梅雨が終わった途端に激アツな夏がやってきたので、こんないい気候は実に久しぶりです。

乗れなかった分、凄く自転車に乗りたいのは乗りなれた人も、これから乗ろうという人も同じではないでしょうか?
これから提案する事は、今からスポーツサイクルに乗ろうという方への提案です。
vle-a6-48.jpg
A7-46.jpg
CARRERA VELENO TS-カレラ ヴェレーノTS-です。

ヴェレーノはミドルグレードのカーボンバイクで、乗り味と加速性をバランス良くマッチングさせて、ロングライドでもちょっと友達とレースごっこする時にも楽しく走れるモデルです。
ただいま上記の2色だけ、シマノ105(最新のR7000系と前モデル5800系の2タイプ有)で組まれた完成車が、お求めやすい価格で販売中です。
初めてのロードバイクを買いたいけど、あんまり廉価モデルもどうかなぁと思う方には、もってこいなグレード、パーツ構成です。

こちらは当店の在庫ではなく、メーカー在庫のものとなっておりますので、ご注文頂いたのちに取り寄せ、組み立てとなります。
ですので、メーカーの方でサイズやカラーが完売となった場合は、ご容赦下さい。

さて、お次はちょっと最近気になった事のお話です。
最近というか随分前から考えていたのですが、世の中レディメイドに慣れきっていて、自分を調整する事を忘れてるなぁと感じています。
どゆことかと言いますと、まずレディメイドとは既製品を指します。技術が発達したので既製品でも何ら悩む事なく、誰にでもその製品の最高スペックに近いものを味わう事ができます。
昔は既製品でもチューンナップされたものでも、自分でその製品の寄り添って時には製品の調整、改造、そして自分自身を合わしていく事が必要でした(もともとの性能が低かったから、その分をカバーするために)
今の既製品はヘタに改造をすると、逆にアンバランスになって性能が下がるのですが、自分をその製品に合わせる作業は変わらず必要なのです。
高性能な分、自分を合わして行かなくてもそれなりに能力は発揮してくれますが、ここを勘違いしている事(させられている事)が多いのです。
自転車なら例えばサドル。座って痛いからこれはダメじゃなくて、せっかく角度や位置を調整できるんですから、自分のいい位置に合わす事はもちろんの事、自分の乗車姿勢がちゃんとなってるかどうか考えて、痛くない乗車姿勢を探る事も必要な時があるのです。

もちろん無理な乗車姿勢や、本来の位置を逸脱する事はダメですが、座りました痛いですこれはダメでは、お金がいくらあっても足りないし、適合するものを探しだすまでが大変です。

サドルに限らず、人間が作り出した製品はある程度は、こちらからも歩み寄らなければ最高性能は発揮できないものなのです。
だって、人間の顔も左右非対称なんですから、作られたものが完璧なものってそうそうないのは当たり前です。

特にオーダーメイドではなく、万人に向けて作られたもの(世の中のものはほとんどそうですが)なんですから、そのまま使っても自分にぴったり適合する部分は少ないと思った方がいいのです。
乗り方、使い方、それらを自分で合わせる作業は、ワタクシとしては必須と考えております。

そのうえで合わない、使えないの判断をして頂きたいのですが、昨今は自分が何もしてないのを棚に上げて、これが悪い、合わないのがおかしいと言われる方が多い様な気がします。
どうすればいいのか分からない、迷った場合は我々の様な”その道のプロ”に聞いてください。そのためにも、我々は居るのですから。

自転車に限らず、工業製品はすべからず、100%完璧なんてものはありません。
その製品の持ってる性能をできるだけ引き出すには、使い手の能力も必要なのです。

その事を頭の片隅にでも置いておいてもらえれば、ちょっと世の中に対して見方が変わって面白いかもしれませんよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

アウグーリオ

Author:アウグーリオ
大阪の下町、長居で営業しているロードレーサーメインのショップです。
気楽に楽しく乗って頂ける様に心がけていますので、ぜひ一度ご来店下さい。
住所:大阪市住吉区長居2丁目10-32
電話番号:06-6696-5501
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR