FC2ブログ
アウグーリオの楽園的、ノーテンキ日記
大阪の下町、長居でのんびり、ゆったり営業している自転車店です。
ライディングの勘所 下り編 弐式 -重力を感じろ-

ほとんどの地域がそうだと思いますが、3週間連続で週末が雨なここ大阪のワタクシです。

まず最初に、11月の営業についてお知らせです。
来る11月3日(金)は、当店共催の講習会のため、臨時休業させて頂きます。その他にも若干の変更がありますので、ご来店頂く際はお手数ですが、ご確認の程ヨロシクお願いいたします。
gg-2017-11.jpg

さて、だいぶ間が空きましたが、ここからは以前のお話の続きです。
初めにお断りしておきますが、この”ライディングの勘所”シリーズはワタクシの拙い知識、考え、経験を元に書いています。
雑誌やウェブで主流となっている理論とは違う場合もあり、また持てる全ての事を事細かに書いている訳ではありません事、ご理解のほどお願いいたします。

前回の壱式では、コーナー侵入までのアプローチについて書いてみました。前回のお話はコチラ
今回は車体をバンクさせて曲がるところからの話です。

コーナーに入るまでの直線部分で十分に速度を落とし、ブレーキングにより発生する力に対抗していた腕の力(つっぱり)を肘を軽く曲げて抜く。
ここまでは平坦路で遅い速度で練習すれば、スピード差こそあれ、落ち着いてやれば出来る様になります。
ここからは更に意識的にしないと、できない動作になります。まずはこちらの図をご覧下さい。
rd1.jpg
ヘタレなのは置いといて、乗車時の両目を結ぶ線と地面の平行を現しています(赤線表示)
そのまま車体を倒していくと、コーナーが上手く曲がれない方の殆どがこんな感じになります。
rd2.jpg
左右の目を結んだ線が、車体のバンキングに合わせて傾き、地面のラインとは並行ではなくなってますよね。
如何に優れたバランス感覚の持ち主でも、一瞬平衡感覚を失い、自分の位置を見失います。そうなったらもう、曲がるどころの話ではありません。
本来はこの様に、地面と目を結ぶラインは平行になります。
rd3.jpg
ただ、むやみに首を曲げて目のラインを平行にしようとしてもよくわからずに、むしろ意識がそちらに集中してしまい、結果曲がれなくなってしまいます。

簡易的なやり方ですが、コーナーに入って曲がり始めた瞬間から、自分の行き先にアゴを向ける様にして下さい(突き出すのではなく、向ける)
アゴを向ける動作で、自然と目のラインが地面と平行になるはずです。またアゴを向ける事によって、進んでいる”一歩先”を見る事ができます。
どういう事かというと、車体前方(ようは真っ直ぐ前)を見ていると、そちらの方向に進んでしまうからです。スキーをされる方なら判ると思いますが、目線を曲がりたい方向に向けるとそちらに進む特性がスキーや2輪車にはあります。
体(車体)の真正面を見ているとそちらに進み、曲がる方向に曲がってくれないのです。アゴを”曲がりたい方向”に向ける事で、目線もそうですが、筋肉が引っ張られて上半身(肩)もそちらにやや向かい、曲がり易い姿勢になってくれます。

これもゆっくりしたスピードで、普通の曲がり角でも練習して頂ければ、その効果がわかると思います。後は徐々にスピードを上げていき(ムチャはしない事)、高い速度でも慌てず動作出来る様に練習する事です(あくまでも自分が気持ちよく走れるスピードでお願いします)

ここまででコーナーでの動きは大体説明終わりですが、1つ重要な事があります。
それはタイトルにもある様に、”重力を感じる”です。それはサドルに”どっしり座る”事です。
コーナーに入るまでにブレーキング対抗するため、腕はハンドル、足はペダルで体重の殆どを支える状態になっているのです。

手足で突っ張るという事は、その分体重(重力)がその部分に掛かっている事になり、サドルとお尻は触れているだけの状態で、実は中腰でサドルの上に浮いているのと同じ状態になっています。
そうするとちょっとした動作で車体も安定せず、フラフラして狙ったコーナリングラインをトレースできずに、怖い思いばかりします。
ブレーキを離した瞬間から、サドルにどっかり座る事を意識して下さい。サドルに座る事を意識すると、今までできていなかったことに多分、気づくかと思います。
ちゃんと座ると背骨の節の一つ一つが”カシン”とはまり込む様に重力(体重)を感じられます。背骨の下側には、お尻があります。
重力がちゃんと、サドルに掛かる様にする事がポイントです。

さて、コーナーを安全に気持ちよく曲がりきったら、あとはまた加速して次のコーナーに備えて上記の事を繰り返すだけです(下りの話です)
いきなり下りで練習するのではなく、まずは自分が怖くないスピードで、平坦路の普通の曲がり角で練習して下さい。
ただし、道路は自分だけが走っている訳でもなく、他の人がルールを守ってくれる保証もありませんので、お気をつけ下さい。

サドルにどっかり座るは、平坦路でも重要なのですが、それはまた別のお話で・・・。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

アウグーリオ

Author:アウグーリオ
大阪の下町、長居で営業しているロードレーサーメインのショップです。
気楽に楽しく乗って頂ける様に心がけていますので、ぜひ一度ご来店下さい。
住所:大阪市住吉区長居2丁目10-32
電話番号:06-6696-5501
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR