アウグーリオの楽園的、ノーテンキ日記
大阪の下町、長居でのんびり、ゆったり営業している自転車店です。
孤影ふたたび・・・、そして新たなる煌き

自転車乗りのわりには、ガチムチな体格で脂肪、筋肉ともに身長に似合わないほど多いワタクシです。
ガチムチ体型は、夏は暑がりですが冬は大阪程度の寒さなら、比較的耐えれるので時にはいいものです。

さて、今日は新入荷商品のお知らせです。
2018izon-fd.jpg
2018 TIME IZON-アイゾン-トランスリンク/クラシックフォーク サイズXSです。
2018モデルからグラフィックを刷新、巷ではかなり不評なカラーリングですが、最近では”これがすごく格好いい”と仰る方も居られ、賛否両論なタイム君です。
2018izon-fd2.jpg
2018izon-fd3.jpg
2018izon-fd4.jpg
こちらのカラーは”フランスエディション”ですが、昨年までの限定カラーではなく通常ラインナップとなります。

なかなか後からとか斜め上から撮影した画像がないので、横からだけ見ると正直ワタクシも”なんだ、こりゃ!?”と思いました。
ですが展示会で実物を目にすると、”これって、なかなかいいんじゃない!”と思いました。どんなものでもそうですが、新しいものに移行する際はなぜか不評を買う事が多いです。
それって単なる懐古主義なんじゃないかと思うのですが、新しくて能力の高いモノ(人も)は、出る杭は打たれるみたいなもので最初は批判されるのかもしれません。

とはいえ、”TIME”の文字がでっかく奢られていた旧グラフィックが、ワタクシとしても非常にカッコウいいと思うのも事実です(笑)
ロゴがでっかく入ってるのがカッコウいいと思うのは、昭和世代だからかもしれませんね。

そんなワタクシと同じ昭和世代の方に贈る、リーサルウェポンがコチラです。
2017scyl-p.jpg
2017 SCYLON-サイロン-トランスリンク/アクティブフォーク カスタムピンク サイズXXSです。
フランス本国に残ってたものを、例によって引き上げてもらいました。
2017scyl-p3.jpg
2017scyl-p2.jpg
実はワタクシ、常々ピンクは男性のカラーだと思っているのですが、これも女性受けを狙ってじゃなく、男性受けを狙ってます。

しかしこの間仕入れたカスタムグリーンといいこのピンクといい、日本人にはこういった色使いはできないとつくづく思わされます。
こちらのカスタムカラーは、通常のカラーより8万円(税抜き)アップチャージの680000円(税抜き)なのですが、通常カラーと同じ価格の600000円(税抜き)で販売させて頂きます。

再来年はわかりませんが、当面TIMEのロゴがでっかく描かれたモデルはでないので、いつかはタイム・・・、と思っておられる方はお急ぎ下さい・・・。

お次は
trimax-kb.jpg
覆面レスラーならぬ仮面ホイール・・・、じゃなくてホイールのニューカマー、Vision-ビジョン- TryMax30です。
trimax-kb2.jpg


以前のブログでもご紹介しました様に、FSAのホイールブランドVisionは、カンパニョーロのホイール工場が東欧のどっかにいったのに伴い離職した技術者、工場(製作機械を含む)を全て取り込み、中身が全く違うモノとしてグレードアップしました。

ホントのトコロ、10年ほど前のビジョンホイールは何とも言えない位酷いもので、年々進化はしていったのですが、それでもカンパやロルフなどには及びませんでした。
しかし生まれ変わったビジョンは違います。ワタクシは商品を仕入れる際にはスペックはもちろんなのですが、自分の感じた”ニオイ”を基準にしています。
上手く説明できませんが、”できのいいニオイ”がこのビジョンホイール群からしたのです。
trimax-kb3.jpg
ブレーキシュー当たり面が黒いのは、流行のプラズマ加工じゃなくてKB加工というそうです。

正直新しいモデルなので、この加工処理によって制動力が通常より上がっているのか、まだわかりません(ブレーキシューは、ノーマルを使用するとの事)
ハブはカートリッジベアリングを使用しているのですが、玉押し調整機構もちゃんと付いており、ムラムラする位回転がスムーズです。
trimax-kb4.jpg
trimax-kb5.jpg
スポークアレンジメントはフロントはラジアル組ですが、リヤは非常にオーソドックスなものです。

その理由にビジョンの思想が見えたりします。ホイールに限らず、ビジョン、FSA製品に関しては、よくある小売店向けのテクニカルセミナーは行われません。
なぜならオーソドックスな組み方(作り方)をしており、なんら特別な知識を必要としないからなのです。どういう事かというと、特殊な知識で作製された製品は、使用される個々のパーツも特殊になる場合が多いので、修理が容易でないからという思想なのです。
いうなれば、旅先でスポークが折れても、汎用品でなんとか修理できる(結果コストも下がる)という事なのです。

そこらあたりの考え方に、ワタクシは日本の大手パーツメーカーなどより、非常にユーザーフレンドリーと感じて取り扱いを決めました。

日本のカスタマーセンターの体制がまだ整っていないので、細かいパーツ供給はまだ十分ではありませんが、これからドンドン良くなっていきます。

FSAはWEというコンポーネント(電波法のからみで、まだ日本未発売)にも非常にワクワクしているので、これからの期待は凄く大きいです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

アウグーリオ

Author:アウグーリオ
大阪の下町、長居で営業しているロードレーサーメインのショップです。
気楽に楽しく乗って頂ける様に心がけていますので、ぜひ一度ご来店下さい。
住所:大阪市住吉区長居2丁目10-32
電話番号:06-6696-5501
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR