アウグーリオの楽園的、ノーテンキ日記
大阪の下町、長居でのんびり、ゆったり営業している自転車店です。
全力疾走!其壱 ニューデザインのタイム、その真の姿!

ようやく梅雨らしくなってきたら、すぐに台風がやってきたここ、大阪のワタクシです。
そのせいか、暖かい湿った空気が流れ込んできて、息をするのも辛い湿気に体もダルダルです。

さて、今日は先日行ってきましたTIME CAMPの報告ですが、色々ご紹介したいものが多いので、2回に分けてブログ掲載します。
今回は其壱です。

ワタクシ、年に2回ほど淡路島へは友人と走りに行ったりしてます。
友人も平日休みなので、当然ながら土日に淡路島へ行くのは初めてでしたが、島に上陸してすぐの淡路パーキングエリアが観光客で一杯だったのが、すごくビックリしました(上陸写真を撮ろうと思いましたが、あまりの人の多さに断念)

awazi-time4.jpg
このタイムキャンプはタイムフレームまたはタイムのペダルを使用している方が参加でき、その参加者は抽選で選ばれた人(30名)だけとなります。

自分で走る時は、島の外周をぐるっと廻るだけでしたが、今回は40kmと距離は短いものの東側から西側に山を越えた、景色も素晴らしい走り応えのあるコースでした。
awazi-time2.jpg
ワタクシ、どんな走行になるのか判らない時は、保有する中で最強スペックのマシンを用意します。これで駄目なら原因は自分しかないので、機材のスペックの性にしようがありませんから。
awazi2.jpg
awazi-time3.jpg
山頂付近では眼下に海が広がり、雲が横を通るという最高のシチュエーションで、走りなれた淡路島の新しい魅力にふれて非常に楽しかったです。

そして走行後は温泉に入って汗を流し、ホールで軽食を頂きながら(これらの費用、大阪からのチャーターバスなどの交通費は全て、タイムの輸入元である株式会社ポディウム様が負担してくれています)
そして、いよいよ待望の2018モデルタイムとFSAのプレゼンテーション。
time-prezen.jpg
fsa-gaizin.jpg
んっ?FSA?っと思われるかと思いますが、今後はポディウムさんがFSAの日本カスタマーセンターの役目を兼ねて、FSA社の販売を行うとの事でした。

まずはタイムから
scylon-fsa.jpg
scylon-grey.jpg
scylon-orenge.jpg
scylon-pink3.jpg
scylon-pink2.jpg
scylon-pink.jpg
scylon-red.jpg
scylon-white.jpg
もうご存知の方も居られると思いますが、2018モデルのタイムのグラフィックデザインは今までに無いものとなりました。

TIMEのロゴが小さくなり、ダウンチューブには一見して判らないTのロゴが入っています。
結構、非難轟々な意見が飛び交っている様ですが、実物をジックリ見ると好みもあるでしょうが、ムチャクチャこのグラフィックが似合うカラーもあり、ワタクシなどはカスタムカラーのピンクなどが非常に気に入ったりもしています(あとホワイトとか、ブラック/グレーとか)

そうそう、すごくいいお知らせです。今までタイムのカスタムカラーは受注発注で、アップチャージ(8万円ほど)でお高いものでしたが、2018からはフレームのカスタムカラーは通常カラーと同じ価格でご注文頂けます(受注発注はかわらず)
ではカスタムじゃなくて通常カラーでは?と思うのですが、フレームを発注する際にタイムのステムとハンドルを同時に注文すれば、それらも同じカスタムカラーで塗ってくれるそうなのです。
ただし、ステムとハンドルにはアップチャージ料金がかかる(現時点では価格未定)のと、後からや別個にステム、ハンドルを塗って貰う事はできません(あくまでフレームと同時発注時のみです)

そしていままでは、黒いカラー部はそのままで、色がついたところのみカスタムカラーで塗るだけでしたが、2018からは様々な組み合わせが出来る様になりました。
time-colar-order1.jpg
time-colar-order2.jpg
time-colar-order3.jpg
それらのカラーや組み合わせは、間もなくリニューアルされるタイムのHPにて見る事ができるので、しばらくお待ちを。

そして従来のものはそのまま、新型ペダルがラインナップに加わります。
xpro15.jpg
xprs10-hikaku.jpg
XPROペダル。ナンバー15、12、10があります。

従来のXPRESSOシリーズはそのまま継続ですが、裏面のカーボンスプリング部にカバーを施して、空力アップとスプリングの保護が成されています。
そして何より、踏み面がさらに拡大されて、ペダリング力をあます事なく推進力に変えていきます。
xprs15-hikaku.jpg
従来のXPRESSO15との比較。
従来品でも踏み面の広さは、感覚的にはどこぞの丸っこいペダルと遜色ありませんでしたが(ワタクシ、タイムペダルを使う前に2年ほど使用していましたので)、さらに拡大されたと聞いて、ちょっと胸躍りました。

さて駆け足でまずはタイムのご紹介でしたが、7月12日にはポディウムさんの全体展示会があるので、タイムに関してはその時にまた新たな画像をお届けしたいと思います。
見た目は一番重要なので、今回のグラフィックデザイン変更はかなり波紋を呼んでいますが、実物をみたワタクシとしては、画像で見るより遥かにカッコウいいと思いました。
従来のデザインを見慣れた人には、違和感を感じるかもしれませんが、実物をちゃんと見ると一目見てやっぱり現物はカッコウいいと思って頂けると思います。

ネット上では画像だけが先行して厳しい意見が多い様ですが、所詮は見たことない人達が騒いでるだけ。
今回も2018にはZXR-Sが復刻生産されるのは確実!と、ネットでは騒がれていましたし、当店にも友人が買うそうなので発注しておいて欲しいという方もお越しになりました。
ですが、そんなの根も葉もない噂で、改めてネット情報って信用ならんなぁ~と確信しました。
当店は2018モデルももちろん、発注します!
ぜひ、入荷したら現物をご覧になりに来て下さい。

次回、全力疾走其弐は、”驚愕!FSAのコンポーネント、その力とホイールに隠された秘密!”です。
まて、次号!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

アウグーリオ

Author:アウグーリオ
大阪の下町、長居で営業しているロードレーサーメインのショップです。
気楽に楽しく乗って頂ける様に心がけていますので、ぜひ一度ご来店下さい。
住所:大阪市住吉区長居2丁目10-32
電話番号:06-6696-5501
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR