アウグーリオの楽園的、ノーテンキ日記
大阪の下町、長居でのんびり、ゆったり営業している自転車店です。
ガラスのジェネレーション

多少、暑さ(熱さ)にもなれてきましたが、昼間に走るのは12時までか夕方からと、昨日思い知らされた店主です。

昨日の定休日はいつもより早く家を出たので、早朝の爽やかな空気の中を走って気持ちよかったですが、12時越えるとやっぱり拷問以外の何ものでもなかったです。

さて、一部の方から言われていますが、当店得意のTIMEフレームの入荷ご紹介です。
fluidity1.jpg
TIME-タイム- FLUIDITY-フルイディティ-です。

サイズはXSサイズです。

フルイディティはRXR-SやINSTINCTシリーズとは、違うジャンルの物とお考え下さい。

フレームのカーボン素材にバイブレーザーという振動吸収材をふんだんに使い、より快適性を増したモデルとなっています。

しかし、店主も勘違いしていましたが、振動吸収性が良くなって、乗り心地がシルキーなモデルなんてタイムじゃない(言いすぎの暴言ですが)と思ってましたが、さすがタイム、乗り心地良いだけじゃなかったんです。

振動吸収性がいいと言うことはそれだけ車体の路面追従性が良く、疲れづらいという事はロングの走行では後半に体が動かないといった疲れの極限状態までいき辛いという事なのです。

確かに一発の踏み込んだ加速や、パリッとした感触は他の3機種には劣りますが、実業団レースのトップを狙う人以外には案外、この心地良いフレームが全走行距離のトータルタイムは速く走れるものなのかもしれません。
fluidity2.jpg
カタログでは割と白っぽいこのカラーですが、実際見てみると黒いTIMEの文字やラインが割りと多くて、メリハリの利いたカラーでした。

fluidity3.jpg
バックステーも他の3機種とはちょっと形状が違います。

fluidity4.jpg
fluidity5.jpg

タイムはRTM製法という、タイムだけの製法でフレームを製作しています。

画像はヘッドチューブ内面ですが、ツルツルの滑らかです。
RTM製法の詳しい説明は省きますが、他の大概のメーカーはヘッドチューブなどパイプの内側はバリがかなり出ていて、手を突っ込んだら血まみれに成る程です。

内部がツルツルと言う事は、バリの分重量が軽減するのと、余計な応力が掛からず安全性が高くなり、カーボン繊維に樹脂が均一に混ざる事でパイプ全体の強度が飛躍的にアップするという事です。

タイムは重量軽減にはあまり拘っていません。
タイムに直接聞いたわけではありませんが、日本のカーボンフレームの技術者に直接聞いたところ、一部のアメリカメーカーなどはかなり軽いカーボンフレームを作ってるが、樹脂の含有量を減らせば幾らでも軽くなるという事でした。

カーボン繊維は所詮は繊維なので、樹脂が少なくなるという事はそれだけ強度を削ってる、引いては寿命は短く安全性が低くなっているという事らしいです。

まぁ、確かに一部のフレームは蛍光管と言われる位簡単に割れるものもあるので、行き過ぎた重量軽減は危険だと思います。

参考までにこのフルイディティ、フレーム重量(シートクランプ、Fメカ台座込み)で実測1120g(サイズXS)でした。
フォークはコラムカット無しで、約360gです。

しかしこの“フルイディティ”って名前、言いづらいです。
文章に打ち込むのもメンドクサイし、発音も舌噛みそうです。

店主はきゃりーぱみゅぱみゅも“きゃりーぱみぱみ”と言ってしまう(と言うか、ちゃんと言えない)世代なので、とうとう自転車界までゼネレーションギャップの波がやってきたかと言う思いです。

さて、当店はタイムしかない訳ではありません。

人気モデルで言うと
nitorosl2.jpg
NITRO SL-ニトロSL-のサイズSとか
vel-105.gif
VELENO-ヴェレーノ-(画像は完成車ですが、フレーム販売)のサイズXSとかが、まだ各1本残っております。

これらのフレームは来年も継続されますので、色あせる事なく安心して長く乗っていただけます。

夏は暑くて走りづらいですが、一番走りたくなる季節でもあるので、一度ご覧になりにお越しください。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

アウグーリオ

Author:アウグーリオ
大阪の下町、長居で営業しているロードレーサーメインのショップです。
気楽に楽しく乗って頂ける様に心がけていますので、ぜひ一度ご来店下さい。
住所:大阪市住吉区長居2丁目10-32
電話番号:06-6696-5501
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR